安全、安心なLP(プロパン)ガス供給は

LPガス料金は何故高いと言われるのか?

「LPガスって高いって聞くけど・・・・・・」
「料金の相場や平均的な価格ってわかりにくいですよね?」
など新規ガス開栓時などに、よくお客様から言われます。では、本当に高いのでしょうか?
この質問の回答をするには、まずはガスの種類や歴史を知る必要があります。

まずは、家庭で使うガスの供給方法についてですが、3種類ございます。

1.都市ガス

ガス導管を通して家庭にガスが届けられています。

2.簡易ガス(団地ガス)

70戸以上の団地などで、敷地内にガス発生設備をおき、各家庭にガスが届けられています。

3.LPガス(プロパンガス)

LPガス会社の人が、LPガスの入ったボンベを家庭に配達することでガスが届けられています。

2.3についてはLPガスとなります。

続いて、歴史についてですが、最近(2017年)より都市ガスの販売が自由化され、〇阪ガス以外の会社もガスを販売し始めました。〇電ガスなどは非常にCMなどでもよく聞かれると思います。一般家庭において、都市ガスはそれまでずっと〇阪ガスの独占販売でした。そして公共的なものとしてその価格を疑う人はあまりおられませんでした。

では、LPガスはどうだったのでしょう?

LPガスにつきましては、ずっと以前より価格は自由化されておりました。ですので、今でもガス会社によって当然ではございますが、価格は違います。高い会社もあれば、安い会社もございます。
又、地域によっても価格は異なります。その地域における平均的な価格や料金相場は各地域のLPガス協会などのHPを参照ください。

しかしLPガスの業界では自由化されているにも関わらず、顧客獲得の為の営業活動を行ってこなかった過去があります。
特に関西では、価格競争による顧客獲得がありませんでした。ですので、現在でも関西と関東では、LPガス料金の価格に差がございます。

こういった歴史背景から、現状に至るのですが、LPガスは都市ガスと混同され、公共的なもので、販売会社の請求を鵜呑みにしておられる方が多いです。

さらに価格競争がありませんので、割と高値で維持されてしまいます。その結果、LPガスは高値なイメージを持たれる事が多くなったと推察致します。

新たにガスを導入するのもLPガスは高い?

ガス料金につきましては、上記の通りでございますが、新たに導入する場合には少し変わってきます。
それは、都市ガスに比べてLPガスの方が初期設備などの費用は比較的安価にすむ場合がございます。

都市ガスに比べて、LPガスの方が熱量が2倍程高いため、都市ガスの半分の配管口径ですみます。小さい口径の配管で組むのと大きな口径の配管で組むのでは、当然部材費用が異なります。

また、都市ガスの場合、ガス配管の立ち上げ場所に融通が利きにくく、実際に燃焼器をご利用になられる場所からものすごく距離がでてしまうケースなどもございます。それに比べてLPガスは融通が利きますので、実際にご利用になられる燃焼器の近くにボンベなどを設置する事で配管の距離を短くし、費用を抑える事が可能です。

さらに、都市ガスの場合、ガス機器を販売する会社とガス配管を行う会社とガスを販売する会社すべてが違う会社となります。当然各々の会社で利益をあげなければなりませんので、必然的にトータル価格が高くなりがちです。LPガスの場合、ガスの配管から販売まですべてを1社で賄う事が可能ですので、後々のLPガス代金も含めたトータル金額で価格をご提案する事ができます。

都市ガス・ガス配管の場所が融通が利きにくく配管工事の費用が高くなることも。
・配管と販売が別々の会社。
LPガス・ガス配管の距離を短くし、費用を抑えられる。
・配管から販売まで1社が提供。

中には「配管や燃焼器などをただでやってもらった」という方も時々おられますが、これはその分後々のLPガス料金で回収できると業者が踏んでいる場合などは、このような事も起きえます。ただし、ご注意頂きたいのは、初期費用が安くなればなる程、その分LPガス料金にしっかりと乗せられてしまう可能性もあるという事。

また、中には不動産会社や工務店などが施工費用を安く抑える為に施主であるお客様に内緒でLPガス業者に初期費用を安くおさえさせたにも関わらずお客様から正規の価格をもらうケースなどもあります。この場合、LPガス業者は初期費用の分価格を上乗せして請求し、お客様は払ったはずの初期費用を2重で支払うケースなどもございます。

このような事も、LPガス料金が高いというイメージになってしまい、平均的な価格が曖昧になる要因と考えられます。

最後に・・・・

都市ガスとLPガスを比較しますと、確かに都市ガスの方がガス単価としてはお安くなっております。

しかし、これから新たにガスをご利用になられる場合、その利用頻度や使用機器によっては、LPガスの方がトータル的に安く済む場合もございます。

特に新たにガスのご利用をお考えの方には、不動産屋や工務店に丸投げでなく、是非とも弊社にご相談なされる事をお勧め致します。
初期費用を抑える事はもちろん、弊社ならではのLPガスと電気のセット割など、月々の価格もお安くできるプランなどもご用意しております。

また、状況によってはメーターなどを設置しなくとも屋内用の小規模ボンベを設置するだけで良いかもしれません。そうなるとさらにコストは抑えられます。 お客様にあったご利用方法と少しでも安価なご提案!これこそが弊社の強みでございます。

今日という日がお客様との出会いの1歩となる事を社員一同心より祈願致します。


お見積りのご依頼、お気軽にご相談ください